トップページ ビジネスブログ 研修セミナー  シニア創業起業   お問い合わせ   情報源・リンク 

    
  最近投稿したブログの一覧です。 
 
【中小企業のマネジメント改革】 【中小企業の人材育成と活用】 【シニア創業起業】 【賢者の教え】
 
成長のためには、まずはトップダウン
マネジメントとは、「こと」を「うまく」運ぶ
組織のマンネリ状態を脱却するには
目標達成と人材育成は表裏一体
未来の目標数値は、社長が決め
数値目標は経営合否の判断基準に
従業員にとって、とてもつらいことは
戦略策定ツールをこねまわしてみても
戦略だけが一人歩きをしても
理屈じゃ人は動かない
 
教育訓練も経営者自らが責任を
ヒトを資産とみなし価値を高める
深刻なのは人手不足or人材不足
少人数であればあるほと個々人が
人材育成に長けた企業は
社員をできる人間にするためには
自分を超える後継者を育てる責任が
人は仕事を体験しながら成長して
あきらめない人材が必要
経営者は「良き学習モデル」に
企業人、社会人としての「しつけ」が
「任せる」と「任せっぱなし」とは
 
 
 
自分なりのワークライフをイメージ
間違っても一時の感情や思いつきで
創業起業を決意する前に
どんな分野で事業をはじめるか
思いたったら現実とのギャップを
思いたっても不安は尽きないが
イザというとき応援してくれる人
無報酬で経験する位の覚悟がないと
今一度、考え直したほうがいいかも
夢と希望をカタチにする
準備を万端にと云うのは簡単だが
経営が続かない三大要因とは
資格で転身を図る
これで差がつく7つのカギ
 
あきらめない奴には、勝てない
何もせずに水を眺めているだけでは
敵を一人もつくらぬ人間は、友も
夢を見ることができるなら
他人に変わって欲しければ
仲良しクラブに入るな。その代わり
経験に対する能力に応じて
上り坂と下り坂は、ひとつの同じ
言い訳するより正しくやるほうが
偶然は準備のない人を
好調なときが一番心配
いまやらねば、わしがやらねば
過去に目を閉ざす者は
基本は自分で責任を取ること